あそこ(小陰唇)の黒ずみとレーザー治療

MENU

デリケートゾーンの病院での美白〜レーザーを使った方法

デリケートゾーンを病院で美白する、ということで、先ほどまではクリームを使った方法を紹介しました。
しかしそれ以外にも、方法があります。

 

今回取り上げるのは、「レーザーでの治療」です。

 

レーザーで治療できるそのワケは?

 

レーザーは、美白を考えるときによく使われるものです。

 

レーザーを照射することで、生じてしまったメラニン色素を壊すことができるため、白い肌が取り戻せるのです。

 

レーザーによる美白効果は、デリケートゾーンだけでなく、顔にもよく使われています。美白成分の入ったクリームを塗っても改善しないシミなどにも効率よく効くと言われており、特効薬のような位置づけで論じられることもあります。

 

現在は、デリケートゾーン用にと特別に開発されたレーザー機器を扱っているところもありますから、そこに相談するのもよいでしょう。

 

デリケートゾーンのレーザー照射のメリットと注意点

デリケートゾーンにレーザーを照射する、という方法は、一般的に、クリームでの治療に比べて、より強い効果を発揮するのが特徴です。

 

また、小陰唇のように細かいヒダにまでアプローチすることができるため、より繊細で、より高度な治療ができます。

 

さらに、次で紹介する「手術」よりは抵抗感が少なくて済む、ということも、デリケートゾーンのレーザー照射のメリットだと言えるでしょう。

 

ただ、このレーザー治療にも、注意点があります。

 

エステサロンなどの一部では、「美白ができる」として、光による施術をしているところもあるでしょう。

 

しかし、その効果は、病院の「レーザー治療」と比べると格段に落ちます。レーザーはその強力さ故から、「病院」でしか使うことができないのです。

 

つまり、値段や気軽さにひかれてエステサロンでの「光による美白」を受けたとしても、その効果は病院と比べて低いと言えます。

 

エステサロンは、その雰囲気や通いやすさが大きな魅力です。とても優秀な施設であることは間違いはないのですが、「美白をすること」「効果を得ること」を第一の目的とするなら、レーザーを扱っている「病院」にかかるようにしてください。